福祉用具サービス るり 始動!

早速ですが、この6月1日より 福祉用具を取り扱う事業として

るり福祉用具サービス が許可されました。

実は福祉用具とセラピストの親和性はかなり高いと言えます。記憶がハッキリしませんがその昔、介護保険で福祉用具貸与、販売を始めるためには福祉用具プランナーが必要だと聞いてその講習を北九州で数日に渡り受講しました。

実際その講習受講者はほとんどセラピストで、講師は作業療法士と建築士さんでした

一例ですが、福祉用具に装具は含まれません。しかし麻痺があり杖を使う方は下肢装具を使う場合が多々あります。

この様な時、福祉用具の杖と医療の下肢装具のマッチングを考える事ができるのがセラピストです。

学生の頃は義肢装具という科目で学習した内容が、介護の世界では福祉用具となってその数も種類も当時の比ではありません。当然再学習も必要です。

しかしながら、職種特性を考えてもセラピストと福祉用具の関係は密接しています。

るりのセラピストには、皆さん福祉用具専門員として兼務していただいています。

セラピストとしての視点を持って、利用者様に適切な福祉用具の提供ができるような福祉用具貸与と販売ができる事業所を目指しています。

福祉用具の疑問はるりのセラピストにお気軽にお尋ねください。

重澤