福祉有償運送 家島・坊勢外出支援

先月このページにて 78条許可による自家用自動車旅客運送 の内容をお知らせしました。この許可証はまだ手元に来ていませんが、書類提出からそろそろ一ヶ月なのでもうすぐ許可証が届くと思われます。今回はこれに関連してのお話です。

昨年の今頃、坊勢での福祉有償運送のプロポーザル参加がありました。残念ながらそのプロポーザルでは決定をいただけなかったことはここでも触れたことがあります。

 今月その福祉有償運送に関して姫路市から指名入札の案内が届きました。今度は家島・坊勢ともに行われます。家島・坊勢で事業展開している業者を選定して指名されたようです。事業実績を評価していただいたと考えると感慨深いものがあります。

 思えば去年の無念が78条許可取得のきっかけでもあり、外出支援を考える原動力となったといえます。姫路市の委託である福祉有償運送は要介護の状態でないと利用できないという制度上の制約があるため、多くを占める要支援段階の家島・坊勢地区の高齢者にとって使い勝手の悪い部分があったのは事実です。

入札ですからどこが落札するかは分かりませんが、この福祉有償運送に加えて78条でカバーすれば家島・坊勢地区の外出支援の選択肢がかなり増えるだろうと考えています。

しかしながら少し疑問もあります。入札日は9月22日です。契約開始は10月1日。

1週間で準備するんでしょうか????

謎がある入札です。この辺りを当局に訪ねています。回答がお話しできるようでしたらお伝えします。

重澤