普通二種免許の可能性〜その2〜

普通二種免許を取得するお話しをすると…大抵の方は、二種免許を持った方を雇えば良いのではと言われます。通常のタクシー会社の介護タクシーでは、介助は出来ない二種免許だけの運行業務が多いようです。しかし、それではホスピタリティのあるサービス提供は難しいと感じました。

弊社のスタッフは、看護師、理学療法士の医療系国家資格者と介護福祉士などの介護系国家資格者がいます。全スタッフが訪問サービスのスペシャリストです!そのスタッフが二種免許を取得する事に意味があると考えています。利用者様の身体機能から日常生活動作や習慣、生活環境に至るまで把握しているからこそ出来る外出支援を目指しています。高齢者、障害者、病気などで移動が困難な方や介助者など、皆が平等に利用出来る外出支援が継続して提供できることが目的です。

例えば離島だけのタクシーでは、姫路の病院を受診されたり、その帰りに買い物されたりなどの希望に添える事が出来ません。利用者様の事情を最優先して考えた結果、島から船を利用して姫路での用事もトータルに利用できる福祉介護タクシーが必要なのです。

誰の為の、何の為のタクシーなのか?を考えた時、私たちが二種免許を取得する事の意味が見えてきました。二種免許を活かして、るりでしか出来ない様なさらなる事業展開も考えています。今後をご期待くださいませ!

木村