感染拡大特別期に〜その2〜

在宅医療における訪問看護の必要性は年々、高まっていますが、いつまで続くかわからないコロナ禍ではスタッフの安全確保について懸念があります。病院でクラスターが散発していることからも分かるように医療専門職にとってもコロナウイルスの感染力は脅威です。組織的な感染対策が取りやすい病院に勤務する看護師でさえ、いつ自分がコロナウイルスに感染してもおかしくないという不安に駆られ退職を考えることがあると聞きます。
 訪問看護師の活動の場は利用者様のご自宅であり、訪問看護師が利用者様やご家族様が(当人が自覚しないうちに)コロナ感染をしているかもしれないという恐怖を感じながら訪問看護に従事していることは想像するに難くないことです。しかし、現状、訪問看護師に手厚い保証があるわけではなく、使命感と高い倫理観に支えられてサービスを提供し続けています。

弊社の取組みとしては、まず感染予防資材の充実を図ると共に、通所介護事業所を利用されている利用者さまの利用頻度や曜日や事業者を即座に把握できるようにリストを作成しました。

万が一、コロナに感染された疑いがある方が居られた場合、即座にリモート訪問に切り替えて有効に支援させていただく為です。リモート時に、利用者様に使っていただけるタブレットなどの通信機器も揃えました。これにより電話だけではなく、オンラインにて表情や様子を伺う事が可能となります。

姫路市長は広報誌にて冬の感染対策として次の様に発言されています。

大勢で集まる際は工夫が必要。急ぐ必要のない集まりなら控えておく。実施する場合はリモートにする。食事は各家庭でとるようにするなどの感染対策を行うと共に、時間の短縮を検討する。「人との距離がとれないときは症状が無くてもマスクを着用」「会話も少し距離をとって正面を避けて」「帰宅したらまず手洗いまたは手指の消毒」、咳や喉の痛み倦怠感、発熱がある時は、早めにかかりつけ医に電話で相談してください。うつらない、うつさないの徹底をお願いします。

市内の高齢者、障害者施設等の新規入所者にPCR検査が実施されるようです。それよりも通所介護事業所の利用者様に行ってほしいものです。

市長さんには今後を期待して…今は私たちに出来る感染対策をしっかりと行い、元気に過ごしていきたいですね!

木村